work01

#selfmedia

2016年10月、代表福田が個人事業主の頃に立ち上げた、オンラインスクール。
 当時は「Webを楽しく学ぼう!」というゆるめのテーマを掲げ、自身の発信力を高めたい個人の方々を主な対象としてサポートを始めました。
 そして立ち上げから約3年が経つ2019年7月、#selfmediaは「あなたのメディアに革命を!」というテーマを新たに掲げ、さらなるサポートの強化とコミュニティとしての充実を目的にリニュアルしました。

対面またはオンラインのコンサル、オンラインの学びの場、定例会、スタート時から継続しているサポートは大きく変化していませんが、現在は#selfmediaの運営メンバーが増えたことにより、そのサポート内容は大きく変化しています。参加者様が数名のオンラインスクールからスタートした、#selfmediaは月日が経つにつれて、学びを共にする仲間との交流も魅力に感じてくださる方が増え、スクールでありながら、コミュニティの要素も強くなってきました。
現在は学びの場とは別に、運営メンバーだけでなく参加様が指揮をとる、趣味を共有する部活動なども動き出しています。

#selfmedia Webサイトへ

work02

ふたつぶ出版

2019年2月、自社で本を出版してみたいという代表福田の一声でスタートした出版事業。ふたつぶ出版からの一冊目は、「#selfmedia オタクだった僕が行き着いたおっぴろげマーケティング革命」。
 コミュニティ、#selfmediaで皆さまにお伝えしている福田独自のSNS活用理論をメインに、それを体現するための自伝的要素も含まれた一冊となりました。
 多くの人に知ってもらいたいと思う事柄や人物を応援できるような本の出版を、ふたつぶならではの切り口と目線でしていこう!と社内ではこの出版部門に力を入れていく流れになっています。

work03

喫茶ふたつぶ

2018年12月、株式会社ふたつぶが立ち上がる数ヶ月前、事務所のオープンに先駆けて「雑貨と喫茶、ときに催し」として、事務所に併設した喫茶をオープンしました。
あくまでもWebの事業がメインであるため、喫茶としての営業は週に3~4日というスタイルでスタート。
 打ち合わせでお越しくださる方にはもちろん、自分たちもどうせ飲むなら美味しくて体が喜ぶものが良い。と、考えたのがこの喫茶の始まりです。ドリンクメニューの中でも一番人気のコーヒーは、代表福田と妻香織が、糸島を初めて訪れたときに行って以来、虜になった、美味しいコーヒー屋さんにオリジナルのブレンドを作っていただき、近所の湧き水を使用してネルドリップで淹れています。
 その他、とびきり美味しくて、安心して飲める野草茶や、オリジナルのシロップを使用した季節のジュースなどのノンカフェインドリンク。無農薬米を使用したおむすびと糸島の旬の野菜をたっぷりの具沢山お味噌汁の軽食などもお出ししていました。

雑貨コーナーでは、体にも地球にも負担の少ない洗剤など生活用品や、昔ながらの製法で作られている本物の調味料、薬に頼らず体調不良を改善するためのあんなものやこんなもの。
現代の生活に馴染んでいる、安価だけど人体や地球に刺激の強い一見便利な製品を選ぶ時に、少し立ち止まってみてほしい、もっと人や地球に優しい選択肢もありますよ、と伝えたい。そんな想いで選んだ商品を並べています。

喫茶ふたつぶ Webサイトへ