2021.11.04 /

新米WebデザイナーハラハラD 奮闘記 vol.1 〜仕事を始めて感じた大切な事〜

株式会社ふたつぶは、

  1. メディアコンサルティング
  2. 企業研修、講演
  3. サイト制作
  4. Webマーケティングアドバイス

など、多岐にわたる事業をしております。


そこで、サイト制作のデザイン部門やデザイン系部門の総括を担当しているのは、株式会社ふたつぶクリエイティブディレクター「ハラハラD」こと原 千尋 Chihiro Hara です。(以下、ハラハラD)


ハラハラDは、クライアントのWebページをメインに、パンフレットやポスターなど、幅広くデザイン作成を行っており、依頼側の意図を的確に汲み取った分かりやすいデザインを作成すると、社内外から好評です。


現在では、株式会社ふたつぶのクリエイティブディレクターとして大活躍のハラハラDですが、Webデザイナーとして活動し始めた当初は予測不能の事態にハラハラドキドキしたとのこと!(笑)


今回は、そんなハラハラDの知られざる一面を、奮闘記としてご紹介します。

 

 

ハラハラDこと、原千尋ってどんな人?


ハラハラDの株式会社ふたつぶでのデザイナーデビューは、Webのスキルや知識が学べるオンラインスクール #selfmedia 会員として参加していたある日、ハラハラDが作成した販促物が主催の福田の目に止まり「デザインの仕事があるけど、やってみる?」と声をかけていただいたことがきっかけでした。最初は業務委託からのスタートでしたが、デザインスキルを徐々に認められて、株式会社ふたつぶのデザイナーに抜擢。


「デザインスキルの才能が開花する原体験は、実は幼少期にあったのかもしれません。」と、本人は語っています。


現在では、Webデザイナーとして活躍しているハラハラDですが、幼少期はなんと絵を描くのが苦手だったとの事。
一方で、雑誌や広告を見るのがとっても好きだったハラハラD。当時の広告を見て「私だったらこんな風にするのにな~。」と日々理想のデザインをイメージしていたそうです。


高校生になり、進路先に悩んでいたハラハラDは、美術の授業で描いた1枚の絵を先生に褒められたことをきっかけに美大を目指すことに!


ただ、美大受験はそんなに甘いものではなく、受験失敗。。。美大は諦めて、設計が学べる大学に進学して建築関係の会社へ就職。

その後、ご主人の転勤を機に働いていたハウスメーカーを退社して福岡へ移住。


今まで培ってきた経験を生かして起業しようと思い、オンラインスクール#selfmediaに入会した事をきっかけに、一度は諦めていたデザインの仕事を始めるに至ったのです。


誰と出会うかで、人生は大きく変わるものですね。

 

 

株式会社ふたつぶデザイナーとしての、初めての仕事はキャパオーバー

イオンモール香椎浜ポスター

ハラハラDの制作クリエティブの一例


ポスターなどのグラフィックデザインやバナーデザインの仕事をする傍ら「もっとデザインの仕事の幅を広げたい!」と思い、Webデザインスクールへ入学。そこで、Webデザインのスキルを身につけたハラハラDに、卒業して間もなく、Webデザインの仕事を任される案件が舞い込みました。


「学校も卒業したし、良い作品を作るぞ〜!!」と意気揚々としていたハラハラD。


いざ、実際仕事に取り組んでみると、デザインを作成する前にやることがたくさんあることを初めて知りました。クライアントからどんなデザインにしたいかをヒアリングしたり、段取りを組んだり、届けたいターゲット層のマーケティングやブランディング要素をリサーチするなどなど。


中でも特に、クライアントがどんなデザインをイメージしているかをヒアリングすることがとても重要で、一言に「かわいい」と言っても、フリフリのレースが付いたような「かわいい」なのか、ナチュラルな「かわいい」なのかで、印象は全く違うものになってしまいます。そのため、画像を共有しながら、クライアントのデザインするイメージを具現化していく作業がとても大切になってくると感じたそうです。


仕事を請け負った当初は、デザインを作成する作業時間しか考えていなかった上に、知識や経験不足、そしておっちょこちょいな部分も加わって、あっという間にキャパオーバー!!


ふたつぶメンバーにSOSを出しまくり、無事その案件はクライアントに納品できて、クライアントからも満足いただけたました。

 

 

チームワークの大切さ


業務委託で仕事をしていた時は「デザイナーの仕事は、良いデザインを作成すること。」だと思っていたハラハラDでしたが、プロジェクトとして一つの作品を作るにあたって、やはりチームでの役割分担やコミュニケーションがとても大切だと感じたそうです。


仕事を獲得する営業担当、全体的総括をするディレクター、デザインを作成するデザイナー、ソースコードを書くフロントエンドエンジニア、それぞれが各々の仕事と向き合うのはもちろんですが、チームとして一個の素敵な作品を作るために、メンバーでディスカッションしたり、各々の仕事に対して客観的にフィードバックをしたりしています。


困った時に気を遣わずに相談できる、この環境やチームの雰囲気が好きです。

 

 

編集後記


ふたつぶチームはメンバーの人柄も素敵で、常にクライアント目線に立って素晴らしいものを作り出そうという強い想いを持った最高のチームだと感じるとの事。流行や物への価値観など、移り変わりが急速に進む現在、変化に対応していく柔軟性が必要とされています。ふたつぶチームのチームワークがあれば、素晴らしい作品ができ上がっていく事、間違いなしだと思います。


これからどんな作品ができ上がるのか?クリエイティブディレクターハラハラDから目が離せません!!


ご期待ください!!



Text:野口篤子
Edit:ふたつぶ編集部

 

#selfmedia ディレクターさきこす奮闘記も以下からご覧いただけます。ぜひご覧ください。

新米ディレクターさきこす奮闘記 vol.1 〜つい応援したくなる人って、どんな人?〜